<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

篳篥hichiri

f0098888_20114857.jpg

日本茶を煎れることが楽器を演奏するために必要な楽器があるって御存じでしたか?

日本の楽器には、温かい煎茶にリードを浸してから演奏する篳篥という楽器があるのです。

日本のものなのに、馴染みの少ない楽器に若い人に興味を持ってもらおうということで企画された本の表紙を以前描かせて頂きました。

この仕事をする迄、全くこのような楽器があることを知りませんでした。

最近は、和楽器を学校の音楽の授業に取り入れ始めたと聞きました。
30人生徒がいたら、30杯分のお茶を準備してから音楽の授業が始まると思うと、先生は大変そうですね。でも、きっと部屋中にお茶の良い香りがしていそうです。

ちょっと、どんな感じになるのか教室を覗いてみたいです。
[PR]
by sorairo-cafe | 2006-09-27 20:26 | illustration

新しい素材

f0098888_17494190.jpg

新しい素材で作品を作るのは、とっても楽しいことです。もちろん一杯失敗はします。時には、材料も無駄になってしまうこともあります。そして、自分の力不足にふてくされもします。けれど、手を動かし続けているとふいにやってくる瞬間があります。自分が頭でイメージ出来たものが実現出来たり、全く頭で想像出来なかったことが目の前に偶然にあったりするのです。

原毛フェルトは、ずっと憧れていた素材。どこで買うのかも分からずにいましたが、鎌倉に自分の好きな分量だけを購入出来る場所を発見しました。そんなフェルトで鞄などを作っていましたが、専用のニードルを使って絵が描けるのです。

試してみると素材との相性が良さそうだったことや、純粋にワクワクしながら作ることが出来ました。フェルトの作品は、冬に向けて制作する予定です。
[PR]
by sorairo-cafe | 2006-09-23 17:52 | illustration

VEGES

f0098888_1933499.jpg

フリーペーパーを長い間作っているのですが、そのことがきっかけで文章が上手くなりたいと思うようになりました。よりわかりやすくて、楽しいもの。時々胸にグッとすることが言葉になったら良いのにと考えたのです。

今の私を知っている人に驚かれると思いますが、人と話すことは余り得意ではありませんでした。大学生の頃友人にそのことで悩んでいた私は、「どんなことを話せば良いかわからない」と言ったのを自分では良く覚えています。

イラストと一緒に文章があったら楽しいかもしれない。絵本も作ってみたい。本も楽しそうだ。そういえば絵が本に合っているかもしれないと、1人の編集者に言われたことがあるなと勝手な自分の妄想はドンドンとふくらんでいきます。そんな時にとっても近所で文章を書くワークショップがあることを、タイミング良く知ることが出来たのです。そこでは文章を習ったり、色んな物つくりの刺激を受けたり、良い仲間に出会ったりと、とっても大切な場所になっています。

そこで昨年から作り始めた文藝誌で、デザインもやらせてもらっていますが絵をチョロリチョロリと描かせてもらっています。実は今、ただ単にかわいらしいだけの絵を描くだけではなく、少し一歩前に進む作品を模索しているところなのです。そんな模索をしながら描いた絵をVEGESで見ることが出来ます。VEGESというスープの写真が表紙の本を見かけたら是非パラパラと見てもらえたら幸いです。
[PR]
by sorairo-cafe | 2006-09-22 19:44 | veges