7月の和菓子教室 1日目

今日は、和菓子教室の1日目。

最中と八朔羹を作る。

最中は、生地をしっとりさせるために湿らせてフキンに
包んで準備をしていくのだけれど、最中が小さすぎたのか
全体が柔らかくなってしまう。柔らかくなった最中は、
本当に元がお餅なんだというのを実感できる味だった
のは発見だったけれど、、、、。

八朔羹も、やわらかく仕上がってしまい切り分けるには
難しい硬さになってしまった。

何度も作っているから大丈夫。
わかっているから大丈夫。

っと思い込んでしまってはダメですねー。
分量や作り方のやりやすさを考えないといけません。
反省の1日。なんだか、最近反省ばかりしているな、、、。

ご用意した最中は、おいしい!

っととても好評でうれしくなる。

アイスクリームを入れての試食も暑いのでもちろん
してみました。こちらも、好評。なんだか自分で作って
いないのに、うれしくなるのは何でしょうねー。
最中の使い方をいろいろ考えたら、きっと楽しいだろうなー。
おいしいもの。

今日は、長野から「あんず」がいっぱい届いた。
送ってくれたのは和菓子教室が一緒の友人。
実は、彼女と旦那さんを出会わせたのは実は私なのです。
そのご実家から届けてくれたようです。
梅でいっぱいの冷蔵庫に新たに「あんず」が登場。
すごい冷蔵庫になっています。もう1つの冷蔵庫は餡子で
いっぱいですし、、。それにしても、あんずを生で食べれるもの
があるとは知らなかったので、食べるのが楽しみです。

本当にいっぱい送ってくれたのであんずを使った和菓子が
急きょ登場するかもしれません。

Srairoのトップページとカレンダーをアップする。
Sorairoのお知らせも明日には完成する予定。

今日もうれしいことが一杯あったなー。
ホント自分は人に恵まれていると思うのです。
ありがとうございます。
[PR]
by sorairo-cafe | 2010-06-30 23:59 | diary


<< 7月の和菓子教室 2日目 事務作業とサッカー >>